WORLD's END/SUPERNOVA

Attention!!
管理人3k(ミケ)がオタ話を中心に好き勝手書いているブログです。
生産性があるかは謎ですが、優しく見守るといいと思います(お願いします)。

呟き
もーいーくつはたらくとーおーしょーおーがーつー

オヤシロさまドットコム─テレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」公式サイト

今季の甘酒消費メーター(★は缶・◆はフリーズドライ)
★★◆◆◆◆◆◆★★◆◆◆◆★◆◆◆★◆◆★★★◆◆
いやっほーぅ! 国崎最高ー!(違
お前が信じるお前を信じろ……ッ!!
いやいやいやいや言い訳とかそういうんじゃなくて!……いやいやいやいや
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 武装錬金 第4話 「もう一つの新しい命」 | main | 武装錬金 第5話 「守るべき人のために」 >>
◆スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
◆フレグランス・ド・フラワー
相手は死ぬ



キャプサイトのつもりじゃなかったのに気がついたらアニメキャプ感想サイト。
こんばんわ3kです。

一週間分まとめて更新しようしたけど、フツーにだめー無理でした!
今日昼まで寝てたからなぁ……。





■本日のアニメ

◇ときめきメモリアル 〜Only Love〜
第4話 「ときめきの水面」


【見てない人のための蝶・テキトーなあらすじ】

弥生水奈からハンカチを借りた陸くん(主人公)。
前話で弁当を作ってもらってまんざらでもなかった春日つかさには目もくれず、
今回はハンカチを返すためだけに奔走するのであった!



ハンカチを返すのに部活中の室内プールのプールサイドを目指す時点で
間違ってるんだけど、それ以外にも突っ込みどころ満載過ぎて
もう突っ込む気さえ起こさせないという完璧さなのであった―――。
今までもそうだったわけですが、ついに今回でギブ。ぐはっ。

まあ次回も見るけど。



◇Pumpkin Scissors
第4話 「ヒビ割れた肖像」


【見てない人のための蝶・テキトーなあらすじ】

第2話で押収した戦車は帝国でもまだ研究段階の技術を"実装した"
地方貴族程度が手にすることが出来るはずのないオーバーテクノロジー
の産物だった。陸上三課はその入手先の解析を依頼される。

時を同じくして伍長の素性に疑問を持ち始めるマーチス准尉。
一行は戦車の情報を求めて"戦車の父"コルツー博士の元へ。
戦車についての有益な情報は得られなかったが、
マーチスはそこで伍長の出身部隊についてヒントを得る。

そしてコルツーの元を去り戦車が格納してあるラボに向かう一行。
知らぬ存ぜぬを通していたはずのコツルー博士はそれを何者かに報告し、
報告を受けて三課一行を尾行する車両が現れる。
そう、彼らの目的は機密保持のための戦車の破壊だったのだ。



面白くなってきましたよー!
やっぱ伍長の出身部隊901ATTの話が出てこないと始まらないっす!
がんばれマーチス!死して屍使用後の箸だ!(謎)

ねこーねこー。
というわけでねこに好かれる伍長はよいですのう。
しかしこれがラストカットへの伏線だとは思いもせんでした。
少尉が夢に出てきて嬉しそうな伍長はかわいいですね。
彼が少尉の存在に救われているというのがよく分かります。

戦車の破壊を目論む装甲車を一蹴してしまう伍長は確かに怖ぇ。
マーチスも目の前であんなん見せられたらたまんないでしょう。
あれで素は穏やかで優しいんだもんなぁ、伍長。
あの青ランタンは精神汚染して殺人衝動を増幅させるんですかね?
血の臭いのせいでねこに避けられる伍長…せつないぜ…。



◇DEATH NOTE
第4話 「追跡」


【見てない人のための蝶・テキトーなあらすじ】

尾行している奴がいる…!
こいつは殺しとかないとね☆と張り切っちゃった月は、
尾行相手の顔を名前を知るための完璧なプランを立てる。
優等生である自分の立場、手近なガールフレンド、麻薬常習犯、リューク
そしてノートのルールを見事に使い、顔を名前を得ることに成功した月。
なんと尾行相手はレイ=パンバーという名のFBI捜査官だった。

「次はあなたの番だ…レイ=パンバー」



右上のコマは死神界の死神
アラモニア=ジャスティン=ビヨンドメーソンです(なげーよ)
本筋には欠片も関係ありません!

まだまだ打つ手のないL。
まあ顔を出すまでは良いとこ無しですからねー。
そんなことよりユリがなかなか可愛いです。
この場限りのキャラだなんて! もっとデレさせればいいのに!

この辺の月は素晴らしいの一言ですね。
来週の山手線もそのあとのvsフィアンセも、あとポテチも。
でもレイ=パンバーはどう見ても善良な人間なのに不憫だよなぁ…。
嫁は美人だし人生薔薇色のはずだったのにね。南無南無(まだ死んでません)



◇BLACK LAGOON The Second Barrage
第16話(今期第4話) 「Greenback Jane」


【見てない人のための蝶・テキトーなあらすじ】

このくっそ暑ぃ中、教会の礼拝堂で呑んだくれるレヴィとシスターエダ。
そこにわざわざに厄介ごとを持ってきた生意気な偽札製作屋の姉ちゃん。
某マフィアから依頼された製作期間をブッちぎった上に逃げ出したお陰で
追われてる身なのよ!助けて!ってそりゃお前が悪いだろ。
あ、でもコイツ使えばがっぽり稼げるんじゃない?
とシスターエダが悪ぅい顔になりましたとさ。



前回は前回で素晴らしい話でした。
が、今回は今回でまたおもしれーのなんのって!
ベクトルが正反対ですけどねー(笑)
いやー笑った笑った。

自分達に向けられた一発の鉛球にキレて(誤解なのに)
車が月に吹っ飛ぶまで撃ち返しまくるレヴィとエダに惚れた!
シスター(名前なんだっけ?婆さん)まで参戦してくるし!
黄金の銃だなんてすごい趣味してますね。さすがだわ……。
それに偽札製作屋のインド娘がまた性格ひん曲がってますねー。
偽札についての演説は、空気読まずに延々語り続ける辺りが、
どうもオタクに通ずるというかなんというか……。
好かれるタイプじゃあない(苦笑)

インド娘に宿を紹介したと思ったら光の速さでその情報を売るエダ。
田舎者は扱いやすくていいわねーってそりゃいくらなんでも(笑)
しかもインド娘捜索に駆り出された殺し屋多過ぎだろ!
仕事がなくて暇だからってみんな集まり過ぎです。
エダは殺し屋に気付いて(もしくは気付かせて?)逃げ出したインド娘の
逃走を手伝ってもう一稼ぎ!なーんて考えてるんでしょうね、きっと。
だからレヴィとロックがつき合わされてるわけで。
来週はラグーン商会vs街の殺し屋達かな?
◆スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:55 | - | - |
コメント
| 節約 | 2009/04/14 5:54 AM |
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://3kenekomaster.jugem.jp/trackback/77
トラックバック
デスノート (映画)は、前後編の2作で合わせて制作費20億円だったはず。映画だけで届くかな?
| 悪いブログニュース。 | 2006/11/08 2:35 PM |